男着物の種類について紹介します

着物と聞くと、女性の振袖を思い浮かべる方も多いことでしょう。成人式などの改まった場では、着物を着ることでいつもとは違った雰囲気を演出することができます。和服は日本の伝統的な装いですが、現代においては、普段から着ている人を見かける機会はそう多くありません。冠婚葬祭や祝賀会などのイベントでしか着ない人も多くなっています。特に男性であれば、落語家のように、仕事で着物を着る必要がある人以外は、めったに着ない人も大勢存在します。そのため、着物を着るのは難しそうと感じたり、そもそも男性用の着物はどんなものかを知らない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、普段はあまり馴染みのない男着物の種類にはどんなものがあるのか、分かりやすくご紹介します。

男着物の日常着にはどんな種類があるのか

日常着として着物を着る場合、活用されるのが「普段着」です。普段着とは、簡単に言えば家庭着のことです。日常着なので、一番長い時間着用する和服になります。普段着として着る着物は、洋服を選ぶ場合と同じ感覚で選びます。つまり、安価で購入でき、丈夫で長持ちして、手入れも簡単な着物がこれに該当します。こうした条件を満たすのは、昔は「実用呉服」と呼ばれていた木綿の着物やウールの着物です。男性にとって和装の基本となるのは、着物の上に羽織りをプラスするスタイルですが、日常着や普段着として着るのなら、必ずしも羽織を羽織る必要はありません。着物のみを着る「着流し」でも大丈夫です。「着流し」というのは、羽織を着ないで長襦袢の上から着物を着るスタイルを指します。素材としては化繊または木綿、麻やウールが多く採用されます。初心者なので高価な着物でなくても構わないという方は、洋服と同じような感覚で試してみることができるでしょう。

男着物の外出着と礼装にはどんな種類があるのか

基本的には、着物と羽織を着ると、男着物のよそ行きの装いになると考えて問題ありません。紬の着物と羽織なら、よそ行き用として着られますし、羽織を着用せずに着流しにもできるので汎用性が高いです。素材には、正絹、化繊など色々なものがありますが、正絹の方が生地の持つ風合いが感じられ、よりハリがあります。羽織はスーツで言えばジャケットのような役割なので、羽織を羽織るだけでよそ行きの印象になります。初詣に出かけたり、パーティーや二次会などにもお勧めです。また、改まった場面には、相手に対して失礼のないような装いにするために、羽織に袴を合わせます。結婚式の披露宴に参加するなら、袴をはくことによって失礼のない上品な装いになります。ただし、格式ばった式典に出る場合や冠婚葬祭における主賓、礼節を重んじるパーティーに出るなら、着物と羽織のみでは不釣り合いになってしまいます。こうした場面には、礼装として第一礼装である「黒紋付き」と、一般礼装である「色紋付き」があります。

お客様の要望に応えられるような企業にするため、数々の実績を糧にしてきましたので、必ず満足していただけると言えます。 着物レンタル365の料金については、税抜きで1万円未満からのご用意と、往復送料無料で対応しております。 呉服屋の着物レンタル365のターゲット層は、老若男女問わず着物の好きな方、また晴れの日を着物で過ごしたいという方です。 ハレの日には男着物を!着物レンタル365