基本からわかるお洒落な男着物講座

着物と聞くと敷居の高い物と感じる方も多いのではないでしょうか、しかし、実は着物はそれほど難しく考えるようなものではなく、一昔前なら日本人にとっては毎日当たり前に着ていた衣服になります。また、価格も確かに高いものでは数十万円を超えるものもありますが、古着やなどで安ければ500円程度で買うことができて、一式そろえたとしても5,000円程度に抑えられるほどリーズナブルなものとなっています。お洒落に着物を見せたいのであれば、むしろ着物の値段よりも着こなし方の方が重要となってきます。そこで、ここでは着物の基本的な着こなしから、お洒落に着こなす為の男着物講座をお伝えしていきますので、自分に合っているお洒落な着こなしを見つけられるようにしていきましょう。

男着物で揃えなければいけないもの

着物を始めて買われる方であれば、それほど高価なものを買うのも難しいことでしょうから、ここでは最低限の揃えておく必要があるものをお伝えいたします。まずは着物ですが、これは長着とも呼ばれていて、その素材はウールや麻、木綿、絹など様々あり、最も安価なものではウール素材のものであれば古着で500円程度でも買うことができます。本来は着物を着る時には羽織も着用するものですが、必ず必要というわけではなく羽織を着用しない着こなしを着流しと呼びます。次に帯は必ず必要ですが、帯には2種類あり角帯と兵児帯の2種類があります。男着物の場合には基本的に角帯を使用しますが、ハリがあり幅9センチ、長さは4メートル15センチ程度のものを選ぶと良いでしょう。最後に履物を選ぶ必要がありますが、大きく分けると2種類あり下駄と草履になります。下駄はスニーカーで草履は革靴と考えるとイメージがわきやすいでしょう。下駄であれば安いものでは新品でも1,000円程度で買うことができ、最低限これら3つを揃えることで男着物を楽しむことができます。

気軽に男着物を着こなす方法とは

気軽に、それでいてお洒落に男着物を着こなす方法をお伝えいたしますが、最も手軽に着こなす方法としては、やはり羽織を着ないことになります。特に若い男の人であれば着流しをすることで、サラッとスマートな着こなしをすることができて、お洒落にすることができます。次に襦袢を着ないのも良いでしょう。実は襦袢は意外と高価なものが多く、確かに着ていると肌触りも良く着心地が良いものです。しかし、外から見えるわけではない為、特に着る必要はなく寒いときには薄手のタートルネックシャツなどで代用することもできます。足元のお洒落にも気を配ってみましょう。寒いときには仕方ありませんが、それ以外の時であれば足袋を穿かずに素足で下駄や草履を履いてみましょう。また、下駄や草履ではなくてサンダルを合わせてみても良く、下駄や草履は履きなれていないと歩きにくく、転倒する恐れもありますので初めて着物を着る方であればサンダルでも良いでしょう。